FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古本紹介「桃色シャイニングピーチ」松沢慧

古本紹介の再開です。
あ、じゃあ、EPSONのスキャナはちゃんと動いたんですねと言われれば「ちゃんとじゃねえよ」。
結局原因不明のまま「EPSON Scan」は正常に動かず、添付のPhotoImpressionを介してどうにかスキャンしている状態です。
はっきり言って、ソフトウェアに関してはキヤノンの方が5歩ぐらいうわてです。くそぉ、くそぉ、くそぉ、くそぉ、・・・カスがっ・・・このカスがっ!(鷲巣inアカギ風に)


さて、気を取り直して古本紹介を再開しましょう。
先日も中堅出版社だったビブロスが突然倒産しましたが、弱小出版社が多いエロコミック界では、出版社倒産による絶版が数多いのも事実です。
まあ、ありがたいことに、狭い業界のこと、多くの出版社同士には横の繋がりがあるようで、人気コミックは別の出版社から新装丁で再販されることがあります。


今日は、その中の一つを。


【ISBN】 4882718618
【書名】「桃色シャイニングピーチ」
【著者】松沢慧
【出版】ビブロス
【初版】1999/02/25
4882718618.jpg


【ISBN】 4896371321
【書名】「桃色シャイニングピーチ」
【著者】松沢慧
【出版】マイクロマガジン
【初版】2003/03/10
4896371321.jpg


今はOLものばっかりになってしまった松沢慧さんの出世作。
アイドル凌辱モノ、コスプレ調教ものとして、非常に完成度が高い秀作です。


ヒロインの美輝ちゃんのキャラ造形が、見事なほどツボにはまっています。明るく、可愛く、前向きで、人に優しい、まさにアイドルが卑劣なプロデューサーにいいように嬲られるという、まるで読者に向けた恥辱プレイ


さて、エロコミックの再販、増刷の時に、コレクターとして気になる要素の一つは、「修正の濃さ」じゃないでしょうか。
両者を並べて、比較してみましょう。
左がビブロス版、右が現行のマイクロマガジン版です。

4882718618a.jpg 4896371321a.jpg
↑ビブロス版  /  マイクロマガジン版→

4882718618b.jpg 4896371321b.jpg
↑ビブロス版  /  マイクロマガジン版→

4882718618d.jpg 4896371321d.jpg
↑ビブロス版  /  マイクロマガジン版→

ビブロス版の修正では
・局部に主線を引かない(白線でぼかしている)
・局部に線消しは入れない

マイクロマガジン版の修正では
・局部の主線は修正なし
・局部に白線で一部消しを入れる


どちらが実用的という事もないですし、マイクロマガジンの修正だって、薄い方だと言える範疇でしょう。それよりも、こういう秀作を世に残してくれる功の方がはるかに大きいです。ありがとうマイクロマガジンさん。


さて、巻末に2編の短編が収録されているんですが、これはぜんぜん別のものが収録されています。
ビブロス版はこちら「新しい扉を開けて」と「ハンランする少女のイイワケ」(どちらも女子校生モノ)
4882718618c.jpg


マイクロマガジン版はこちら「重要任務のヒミツ」と姉妹作の「陽光のマーナ」(くノ一モノ)
4896371321c.jpg

これに関しては、マイクロマガジン収録のくノ一2編に明らかに軍配が上がります。


ってなワケで、店長としては、マイクロマガジン版の方をオススメする次第でごじゃります。

EPSONのスキャナはバカモノか!

フィルムスキャナが必要になって、スキャナをキヤノンからEPSONのGT-F570に変えました。


が、これが動きゃしねぇ


 ハードは問題ないんだけど、添付ソフトの「EPSON Scan」(←こいつがガンだ!)という読み取りソフトがどうやっても起動しない。サポートセンターに2回電話して聞いても、結局原因不明で放り出された。 そんなワケで、スキャナがまともに動くまで、当分古本の紹介は止めです。文句はエプソンに言ってくれ。二度とエプソン製のスキャナは買わねぇ。


好きなメーカーだから、余計に腹が立つ。


でもって、今週木曜日から当分札幌に出張なんで、更新も一時中断気味。来週から再開します。

古本紹介「ブルマガジン」

今年小学校に入学した姪っ子が「おじちゃん、ブルマーって何?」と聞いてきた。
「昔の体操着でねー、女の子が履くやつでねー、変な半ズボンみたいなの」と説明するが、解ってくれただろうか・・・
そうだよなぁ、今の子はブルマなんてものを見たことも履いたことも無いから、知らんのだよなぁ・・・叔父として一言付け加えれば、知らないままで居てくれ

【ISBN】 487278474X
【書名】「ブルマガジン」
【著者】木村屋いづみ ぶるまほげろー みずきひとし 他
【出版オークラ出版
【初版】1999/08/01

487278474X.jpg


ノストラダムスの大予言を信じていた小学生の自分に、「恐怖の大王が落ちた直後に、日本ではこういうマンガが出版されるんだよ」って言ったら信じただろうか。だいたい、ブルマが無くなるなんて未来は予言してくれなかったじゃないか、責任取れノストラダムス!


まあ、ご覧の通り、ひたすらブルマーをネタにしたエロマンガアンソロジーコミックです。よくまあ、これだけネタがあるよなーみなさん。
487278474Xa.jpg 487278474Xb.jpg
先日紹介した木村屋いづみさんも描いてますねー
うぅっ、昨年お亡くなりになった小菅勇太郎さんも・・・(ToT)/~~~


487278474Xd.jpg
↑当然、このヒトは外せないでしょう。
エロマンガ界で最もアレなペンネームのぶるまほげろーさん・・・


487278474Xc.jpg
↑どう見ても「T○ Heart」のあかりです ありがとうございました。


487278474Xe.jpg
↑けっこう、こういうアツイ想いのヒト、いますよね(みづきひとしさん)解る解る。


数年前のプレイボーイか何かの記事によると、イメクラで最もリクエストが多いコスチュームが「セーラー服」、2位が「ブルマ&体操服」だったとか・・・今は、きっとメイド服が首位になってるに違いないと思うんだけど、どうだろう。その種の店に詳しい人、情報プリーズ。


古本紹介「カラフル萬福星」

カウンタ「666」番踏んじゃった・・・ダーミアーン ぐちゃ、あ゛ぁーー


【ISBN】 07776-04 04/26
【書名】「カラフル萬福星」Vol.10
【著者】
【出版】ビブロス
【初版】2000/04/01

20060621195304.jpg


倒産しちゃったビブロスさんから出ていた美少女コミック誌。
当時、全原稿をパソコンでフィニッシュしているという、尖がった編集方針がなかなか先見的でした。


掲載作品はなんとなくエロが薄くて、正直発売当時はあまりチェックしない雑誌でした。でも、今になると買っておけばよかったなぁと思うイラストが多かった。特に、一枚絵や短いカラーコミックは、作家さんが画集を出すほどの知名度がなければ、同人誌ぐらいにしか再掲載されないことが多いですからねぇ・・・
ちょいと、数枚並べてみましょう。かなり豪華なメンバーです。


20060621195236.jpg 20060621195342.jpg 20060621195551.jpg 20060621195315.jpg


引っ張り出してきた奴を久々に読むと、ありゃー、こんな人が当時描いていたのかーって発見もあります。デビューしたばかりの月野定規さんが描いてたりとか(ちゃんと単行本化されている)。
20060621195400.jpg

しけたみがのさんのコレ↑が最近になって突然コミックメガストアで連載再開したのには驚きました。


なーんとなくですが、「レモンピープル」の匂いを髣髴とさせる感じの雑誌です。先見的で、編集方針がマニアックで、新しい流れを作って自分は去っていく・・・

新刊紹介「萌えるゲーム制作 吉里吉里/KAGで作る美少女ゲーム」

文頭に「エロ」と付けたらアクセス数が増えたので、今日もやってみます。エロエロ。
今日は、そんなエロの欲望が抑えられずに自分で自分のためのエロゲを作りたくなったアナタ、って言うか、オレに対してこの本を紹介します。


萌えるゲーム制作 吉里吉里/KAGで作る美少女ゲーム
【ISBN】4844322648
【書名】「萌えるゲーム制作 吉里吉里/KAGで作る美少女ゲーム
【著者】板東 太郎
【出版】インプレスジャパン
【初版】2006/05/31


これでもゲーム制作者ですから、「吉里吉里」「KAG」という優れたソフトがあることは知っています。「Nscripter」と並ぶ、ゲーム制作者への福音と言っていいでしょう。

実際に自分で作っているゲームは、演出スクリプトの簡便さもあって、まったく別のプログラムを利用させていただいているのですが、この2つのプログラムエンジンを利用して、数多の優れたゲームソフトが世に生み出されていることは、皆さんご覧の通りです(Fateとかひぐらしとか)。
私も、販売を目的にしないフリーゲームは、これらを使わせていただこうと思います。


数年前、まだ独立を考えず、自分の趣味でゲームを作ろうと思ってたとき、下記のような本を買っては、いろいろ検討しまくったものです(そのときにはまだ「あどばんすどNScripterオフィシャルガイド」は発売されてなかったけど)


で、一番初心者向けに書かれている、とっつきやすい本と言ったら、最近発売されたこれになるようです。
目安に、目次を記しておきます。


<目次>
1 CD‐ROM収録CG紹介
2 美少女ゲームができるまで
3 ゲーム制作に必要なもの
4 吉里吉里/KAGの使い方
5 ビジュアルノベルを作ろう!
6 アドベンチャーゲーム制作に挑戦しよう
7 初心者でもできる演出テクニック
8 ゲームを完成させよう!
9 プロが作った素材でゲームを作る
10 「Config.tjs」設定&タグリファレンス
11 初心者のためのゲーム制作用語集


「初心者でもすぐに分かる、すぐに出来る!」「プログラミングが苦手な人でも美少女ゲームが簡単に作れる!」とありますが(なんで「美少女ゲーム」って限定せにゃならんのかw まあ、その辺がコマーシャリズムの善し悪しってことさ)、初心者って、どれくらいの初心者が相手なの?ってのがこの種の本を買うときのポイント。
ちなみに、私はHTMLはソースを見れば一応理解できて、ちょっとはそれを書ける。けど、CGIはソースを見ても理解できない、JAVAスクリプトって用語は知ってるけど覗いてみたこともありゃしない、というぐらいの初心者です。
この本は、それくらいのレベルの人間が、なんとかついていけるレベルの易しさです。
だから、ポストペットのメール設定が出来なくて彼氏に頼むくらいのヒトは、多分これ読んでも無理ですね。「RPGツクール」とかは、きっとこれより易しいんだと思いますが・・・


説明文は、絵が多く使われているのが、理解しやすくて良いです。見開きページに1枚は必ず解説絵が付いているくらいにふんだんに図解されています。


多分、この本を書いた方も、実際ゲームを作ったことのある経験者なのでしょう。細かい部分のアドバイスが実践的で役に立ちます。
『ゲームでは<移動>のシーンが意外に多くなるので、あまり凝ったエフェクトにしない方が良いですよ』
とか
『効果音のバッファは有効な手段で、これを注意しないと、台詞で効果音がぶつ切りになったりするから、キチンと理解しておいたほうが良いよ』
とか。
痒いところをちゃんと書いてくれる、いいヒトです。


正直なところ、付属のCD-ROMは要らない気もします(同梱されているロイヤリティフリー素材はありがたいです)。ただ・・・巻末の作家紹介のページに、以前勤めた会社で色々あったヒトの名前を見つけてしまって・・・そうか・・・この本買うと、あのヒトに印税の一部が入るのか・・・癪だな・・・

追記を表示

Appendix

プロフィール

Author:ゆいぎ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンターまわせまわせ

プロフィール

会社を辞めて独立してエロゲメーカーを始めながら古本屋をやってみたり腰の落ち着かない30男。甥よ、頼むから「おじちゃん、なんで結婚しないの」って真顔で聞くな。お前も大人になれば解るさ・・・って、解るような大人になっちゃいかんぞ、人生の先輩からの心からの助言だ。

Author:ゆいぎ
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。